top of page

Instagramの変化と自治体アンバサダー

こんにちは!カラフルオキナワ 代表のすどうだいじろうです。

いきなりですが、あなたのインスタグラム、発見欄にはどのような投稿が掲載されていますか?


ここで言えるものから言えないものまで、

あなたがこれまで検索し、長く閲覧し、コミュニケーションし、投稿した結晶が

今、いい感じで発見欄に掲載されていると思います。


え?意図してないものが出てるって?


それは…潜在的に貴方が見てしまっているものなんだと思います。


「インスタ映え」という言葉は2017年に流行語大賞になり、

どこに行っても写真を撮って楽しむ文化が出来上がりました。


それが今や動画になり、表現方法は多種多様となりましたが…


「インスタ映え」って言葉が聞こえてくると、少し恥ずかしく感じちゃう。

そんなことないですか?




そして「ググる」から「タグる」へ。

これは2020年ぐらいですかね、ありました。

30個つけられるハッシュタグ、今や3-5個が基本となりました。

検索される対象から、アルゴリズムへのアピールへ。

ジャンル認知されたコミュニティアカウントが伸びるよう、Instagramは変化しました。



そう、アルゴリズムの進化により、インスタグラムユーザーの行動、変わっちゃいました。

普段見ているものは「発見」へ。

特別な行動は「検索」へ。


例えば東京でお洒落なカフェめぐりが趣味な方、「発見」には代官山の素敵なカフェの投稿が載っていると思います。




そんな方がこの夏、沖縄に旅行!さてどんな旅にしましょうかね。

そんな時に使うのが「検索」です。

検索・閲覧時間・アカウントとのコミュニケーションが増えると、そのジャンルは「発見」に掲載されるようになる。




そしてそのジャンルの中で、「類似した」「好きそうな」投稿をアルゴリズムくんは惜しげもなく「発見」に掲載させていくんです。


ここで「自分の場所に観光客を呼びたい」欲、出ますよね。

観光の方は、まずはある程度大きな言葉で検索すると思われます。

そして行く場所が決まり次第、その付近の場所を検索していく。


そう、観光は「点」ではなく「線」、「面」でルートを決める。

そうすると、「点」でのアピールは線や面に乗っていないと、優先度最高じゃない限り外されちゃう可能性があります。


例えば

「A水族館は絶対行きたい!そしてインスタで見たBカフェも行きたい!」

→「A水族館は北部だけどBカフェは南部。A水族館は絶対行きたいから、その近くのカフェ探そうかな」

こうなっちゃいます。

Bカフェさんは、A水族館以上に行きたい場所にならないと、優先度で却下になっちゃうんです。




じゃあ、ここで「線」や「面」で人を呼べるとしたらどうなります?

「え?T市は水族館もあって、その施設の近くに海が見えるカフェもあるの?」

「一緒にお土産も買えちゃうし、夕日といっしょに写真が撮れる場所もありそう!」

「ホテルからもそんなに遠くないし、今日はここで過ごすのも良いかもね!」


これ、「都合のいいように書いちゃって!!」って思っちゃいますよね。

書いてて私も少しそう思っちゃうもん。


でも、今のインスタグラムのアルゴリズムに乗るとしたら、これって可能ですよね。

「T市」「沖縄旅行」「沖縄グルメ」

この辺が好きなユーザーだとインスタグラムに思われたら…

「ロケーションでT市が指定されている」「ハッシュタグにT市・沖縄旅行・沖縄グルメと書いてある」

みたいなのが発見で出てくるようになるんです。


こうやって、線・面でファンを獲得していくこと。

これが今後のインスタグラムで凄く有効だったりします。




それをうまく活性化しようとしている活動、ありますよね。

2023年度、豊見城市では「豊見城市アンバサダー」

インスタグラムを面で活性化させる超有効な手段なんです。


それに自治体が乗ってくれて、アンバサダー制度がスタート。

豊見城市を盛り上げるインフルエンサーを市がサポート。

インフルエンサーは「豊見城市」から公認されたアンバサダー、このバッジはすごい。

正直、投稿のモチベーションにも繋がります♪


沖縄県内初、そして全国的にもあまり前例がないこの制度は、話題になりました★


そして今でも結構言われます。

「面白いこと仕掛けたね!」って。


面白いだけじゃないんです。

アルゴリズムの精度が上がり続けている今だからこそ、仕掛けるべきこと。

だから声を大にしていいます。


自治体 × インフルエンサー =最強!!


ってね。


というわけで、カラフルオキナワは今後も

「自治体×インフルエンサー」への協力をどんどんしていきたいと思います♪

ご興味をお持ちの方、ぜひお問い合わせくださいませ!

閲覧数:129回0件のコメント

Comments


bottom of page